活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

20194月号表紙

月刊きょうされんTOMO【2019年4月号】特集「わたしたちは今、何を伝えるのか…」

〔書籍新刊〕『 ねことmaruとコトコト―障害のある人たちの「働く」をつくる 』(KS22)発売のお知らせ

『 ねことmaruとコトコト―障害のある人たちの「働く」をつくる 』

きょうされん就労支援部会・編著
きょうされん/2015年10月10日発行/A5判 100ページ/720円(税込)

「障害の重い人たちの労働保障」をテーマに、きょうされん就労支援部会での議論を踏まえ、まとめられた本書。
障害のある人一人ひとりに向き合い、それぞれ特徴的な仕事を取り入れ、実践を積み重ねている3カ所の事業所が紹介されています。
その上で、この国の法律の変遷、世界の労働の考え方・水準、そして働くことをつくってきた共同作業所の意義と価値のおさえなおしをしています。
本書を通して、「働くこと」をもう一度見つめ直してみませんか?

≪プロローグ≫ 働くって、何だろう?

ねことmaruとコトコト―障害のある人たちの「働く」をつくる

第1章 ねことmaru とコトコト
  • ねこの約束
  • maruの作業は「仕事」と言えるとかいな?
  • 「コトコト」のリズムを奏でながら

 

第2章 法律が「働くこと」に溝をつくった!
    • 障害者自立支援法の欠陥、そして問題点
    • 「作られた溝」と見捨てられた小規模作業所

 

第3章 「働くこと」の意味と歴史、そして世界の水準
      • 「働くこと」の起源から「賃労働」への発展
      • 「権利としての労働」と世界の水準

 

第4章 障害のある人にとって「働くこと」って、なんだろう
      • 「障害のある人は働けない」
      • 共同作業所の誕生と育まれた力
      • あたりまえに働き、えらべるくらしのために

 

≪エピローグ≫ 今日と違うあしたへ

■ご購入 オンラインでのご注文 ⇒ TOMO市・きょうされん書店

> 一覧ページに戻る