活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

TOMO12月号表紙

月刊きょうされんTOMO【2017年12月号】☆寄稿:ハリス鈴木絵美さん

月刊きょうされんTOMO【2017年12月号】☆寄稿:ハリス鈴木絵美さん

特集 TOMO12月号表紙
きょうされん第40回全国大会in北海道
あたりまえに働き えらべるくらしを

(リード文)
 9月15日(金)・16日(土)、記念すべき、きょうされん第40回全国大会が「あたりまえに働きえらべるくらしを~ともにあゆもうたしかな道を いま、北★の大地から~」をスローガンに北海道・札幌市で開催されました。
 大会初日の朝、Jアラートの警告音が鳴り響き、北海道の上空をミサイルが通過していきました。平和について否応なしに考えさせられる瞬間でした。
 しかし、そんな不安を一瞬で吹き飛ばすようなオープニングでの大会テーマソング「つなげよう時計台の街から」の大合唱。つづいて、文化企画でのアイヌ舞踊では、見るだけでなく参加者も一緒に踊り会場に一体感が生まれました。ステージ企画では、共同作業所づくり運動の半世紀ときょうされん40年の歴史を「共同作業所づくり運動・50年ものがたり」でふり返りました。
 そして、きょうされんのレジェンドのみなさんの登壇の最後には、日本を代表するレジェンド・スキージャンプの葛西紀明選手が登場し、会場は大きな歓声に包まれました。
 全体会後は、会場を分けて特別分科会(公開シンポジウム)、分科会、利用者フォーラムが行なわれました。
 夜は、アサヒビール園で歓迎交流会。呑んで歌って踊ってジンギスカンを食べて、札幌の夜は遅くまで大いに盛り上がりました。
 二日目は、分科会等が引き続き行なわれるとともに北海道の食と文化が満載のなかまの観光が行なわれ、その後の閉会全体会では大会テーマソングである「つなげよう時計台の街から」を再び大合唱し幕を閉じました。
 今月号では、今大会に参加した方はもちろん、参加できなかった方にもあらためて北の大地の感動と興奮をお伝えいたします。

【CONTENTS】
2 言の葉とともに ハリス鈴木絵美さん
  ⇒11・12・2・3月号の4カ月、Change.orgアジア・ディレクターのハリス鈴木絵美さんに寄稿いただきます。
13 若者たちとのエンドレスタイム
14 母はいつでも元気印  
15 時論・会説
16 地域のすみずみ・報告編  
17 地域のすみずみ・予告編
18 トモトピ
  来年度報酬改定に向けた議論が大詰め
19 すき すき すき
20 Newspaper きょうされんからのおしらせ
21 TOMO INFORMATION
22 ひろば/4コマ漫画劇場
24 所感雑感
27 PICKUP “SHOP”
28 『除夜の鐘 まだあといくつ 残り福』12月

【別冊】第40回全国大会 基調報告

TOMOへの投稿・ご感想はコチラまで⇒zenkoku@kyosaren.or.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「月刊きょうされんTOMO」は、きょうされんのサポーター(賛助会員)になっていただいた方にお送りしています。
賛助会員の申し込み

> 一覧ページに戻る