活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

TOMO12月号表紙

月刊きょうされんTOMO【2017年12月号】☆寄稿:ハリス鈴木絵美さん

「なかまのうた」ブランド 始動

なかまのうたブランドロゴ

 

 

 

現在、夏に販売している『Tシャツ』『タオル』などの商品と、
冬に販売している『はたらく仲間のうた』カレンダー&スケジュール帳
さらに『きょうされんふきん』、
これらのきょうされんオリジナルグッズを、
「なかまのうた」ブランドとして展開していくこととしました。

今後の展開にご期待ください。

 

「なかまのうた」ブランド商品一例

なかまのうた商品群

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なかまのうた」ブランド商品とは?

毎年秋に開催される【グッズデザインコンクール】にて、
画家、版画家、デザイナーなどの選考委員により作品の選考を行い、
選ばれた作品を使って商品化をしています。
商品は、作品の個性をいかすとともに、
生活のなかで使うことのできるものにこだわり、
質の高いものづくりを探求し、
会員からの意見を取り入れながら開発し、社会へ発信しています。

「なかまのうた」ブランド商品を販売することの大切な意義とは?

○「なかまのうた」ブランド商品を販売した商品売上は
 会員作業所の運営資金や、
 そこで働く障害のある人たちの給料、
 そして障害のある人たちの働く場・暮らしの場を
 充実させるための活動の資金となります。

○会員作業所のある地域の中で
 「なかまのうた」ブランド商品をはじめとする販売事業をひろげていくことで、
 多くの人たちと出会い、話をし、自分(たち)のこと、
 きょうされんのことを伝えていくことができます。

○きょうされんの活動を知らない人たちにも、
 「なかまのうた」ブランド商品を通して、
 障害のある人たちの“おもい”や“ねがい”を届けます。

■第7回グッズデザインコンクール〈カレンダー部門〉入賞者の声(抜粋)

 絵を見返すと、兵庫県の全国大会で賞状をもらったことを思い出して、楽しい気分になります。
 ぼくは、絵をかくときも、たのしい気持ちでかいています。

■カタログ販売事業にとりくんでいる会員事業所から「なかまのうた」ブランド商品への声

「毎年買っています」とお客様からよろこびの声があります。
人気商品なのでぜひ続けてほしい。
ポーチをプレゼントにしたところ、大変好評でした。

「なかまのうた」に込められた考案者の思い

このブランドを通じて、障害のある人やそれを支える人たち、
そして社会全体が障害分野の持つすばらしさ、
障害のある人たちの「うた」の豊かさを再発見し、表現してゆく、
受け手もまた「うた」をつないでゆく…。
このようなうねりをつくっていけるような、
きょうされんらしい新たなブランドが構築されることを希望します。

ロゴマークのコンセプト(デザイナーのコメント)

なかま=いろいろな人がいる。いろいろな人でいい。という想いをこめて。
「なかまのうた」を様々な言語で表し、
グラフィック化したものと分かりやすく、
シンプルなひらがなの「なかまのうた」を組み合わせています。
ブロックのようなものは、
利用者さんの立体文字の一部をアクセントとして加えています。
窓のようにも見えるので、
「なかまのうた」ブランドのさらなる発展、向こう側へ続く可能性を表現しています。

※数字の7で「な」、カタカナの「カ」、指文字の「ま」、
    ひらがなの「の」、ローマ字のUで「う」、点字のたで「た」

なかまのうたブランドロゴ 

 

 

 

 

※「なかまのうた」ブランドは、きょうされんが製作したオリジナル商品にのみ使用される商標です。
 当ページに掲載されているロゴマーク、文字デザインの他所での使用を禁じます。
 当ブランドへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

※「なかまのうた」ブランドの詳細なコンセプトは
 下記の「続きを読む」からご覧ください。

 

Ⅰ<「なかまのうた」ブランドの位置づけ>

障害のある人たちのデザインした日常で使いやすく品質の高い商品づくり。
きょうされんの活動を知らない人たちにも、商品を通して、
障害のある人たちの〝おもい″や〝ねがい″を届けます。

■「なかまのうた」ブランド商品群は、「きょうされん」を知る・
 障害のある人たちの作品に触れる<入口>であり、
 障害のある人たちに利益・モチベーションを還元できる<出口>。

■きょうされんの活動を知らない人たちにも、商品を通して、
 障害のある人たちの〝おもい″や〝ねがい″を届けます。
4

Ⅱ<「なかまのうた」ブランドの個性>

■「なかまのうた」ブランド商品群は、
作品応募総数1,700点超の「グッズデザインコンクール」にて、
入賞・入選を選定し、作品のおもい(ことば)を
デザインにのせて商品化しています。
それらを顧客15万人以上の市場をもつ販売事業のカタログに掲載し、展開しています。

(「作品」=作者のおもい、ことば)、(「デザイン」=伝達手段)。「なかまのうた」ブランド商品群=「作品」+「デザイン」) 

■「なかまのうた」ブランド商品群は、
 「きょうされん」を知る・障害のある人たちの作品に触れる<入口>であり、
 障害のある人たちに利益・モチベーションを還元できる<出口>と考えています。

5

Ⅲ<「なかまのうた」ブランドの理想とするイメージ>

■きょうされんの活動を知らない人たちにも、商品を通して、
 障害のある人たちの〝おもい″や〝ねがい″を届けます。

■「なかまのうた」ブランド商品群は、
 障害のある人たちが描いた作品をアート的商品(趣味的要素の強い商品)や、
 クラフト的商品(1点ものの商品)としてではなく、
 日常的に使用できる商品づくりをめざしています。

 3

 

Ⅳ<「なかまのうた」ブランドの歴史>

1986年から始まった「はたらく仲間のうた」カレンダー(売上総本数約125万本)と
 2005年から始まったアートグッズ(売上総点数約15,000枚(フェイスタオル))。

30年の歴史の中で、当初の選考作品を楽しむことを主目的とした制作意図に加えて、
 近年では日常で使いやすく品質の高い商品づくりを重視してきています。

 6

 

Ⅴ<「なかまのうた」ブランドの約束> 

■ 「グッズデザインコンクール」に応募された
 障害のあるひとたちが描いた作品を商品化することで、
 障害のある人たちの製作に向けたモチベーション、
 さらには製作意欲がもたらす生活リズムの安定につながっています。

■商品の利益は、作業所・事業所の運営資金や、
 そこで働く障害のある人たちの給料、そして、
 障害のある人たちの働く場・暮らしの場を充実させるための
 活動資金として利用させていただきます。

きょうされん運動の一環として購入してくださるお客様、
 オリジナル商品群に欲しいものがあるから購入するお客様が
 リピートして購入してくださるように、商品づくりの方向性を再確認し、
 会員やお客様にとっての価値を高め、ブランドの活性化をはかると同時に、
 お客様の商品に対する共感や信頼を育てていきます。
(=商品を通じて、「障害のある人たちを応援したい」、「作品を見て感銘を受けた」など、お客様の心へ響く商品提案をめざします。)

■商品のなかのどれか一つ二つは、すぐにお客様の暮らしに役立ち、
やがてこころの底ふかく沈んで、
いつかお客様の暮らしに溶け込んでいく、
そんな商品づくりに努めます。
(こころの底ふかく沈む=障害者支援[社会貢献]、良質な商品、作品の作者のおもい[ことば]

なかまのうたブランドロゴ

 

 

 

 

※「なかまのうた」ブランドは、きょうされんが製作したオリジナル商品にのみ使用される商標です。
 当ページに掲載されているロゴマーク、文字デザインの他所での使用を禁じます。
 当ブランドへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

> 一覧ページに戻る