活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

TOMO11月号表紙

月刊きょうされんTOMO【2017年11月号】☆寄稿:ハリス鈴木絵美さん

第9回つながり映画祭

障害のある人のいのちとことばを伝える
–第9回 つながり映画祭–

どっこい!私たちは生きている。そこには“カオス”混沌をひらくメッセージが・・・。

(日時) 2017年12月9日(土)~15日(金)
(会場) アップリンク渋谷(東京都渋谷区)

 昨年の夏に起きた相模原障害者施設殺傷事件から、早や一年以上が経ちました。その間にも、相次ぐ視覚障害者のホームからの転落事故や、精神科病院での身体拘束によって、障害ゆえの不利益から命が奪われる事態が続いています。日本には、認知症を含めると、人口の10パーセント以上の人に障害があり、なんらかの社会からの支えが必要です。国連で採択された世界的な人権規約である障害者権利条約も、日本で批准をみてから3年半…わたしたちの社会は、どこに向かっているのでしょうか。
 今年で9回目を迎える「つながり映画祭」のテーマは「どっこい!私たちは生きている。そこには“カオス”混沌をひらくメッセージが…」です。経済性・効率性から一面的に人間の価値を決めつけ排除するのではなく、人間のありのままの姿を、葛藤しながらも受けとめあう姿を描き出す国内作品や海外作品を上映いたします。トークショーでは、「共生社会」「精神障害」について識者をお招きし、会場のみなさまとも交流を深めたいと思います。また今回は、より多くのみなさまにこの映画祭に触れていただきたく、一週間の開催といたします。


•入場料金(1番組ごと)
 〇当日:一般 1200円
 〇シニア・学生・障害者(付添1名も) 1000円
 〇前売券:1000円(1回券)

※満席(定員58席)の場合は入場いただけない場合にあります。   
※開場は各回10分前を予定しています。
※事前の予約が可能です。きょうされん事務局まで、ご連絡ください。
(ただし、上映会の20分前には、劇場受付にて番号札との引き換えが必要となります)


•お問い合わせ、予約申込(12月4日まで

 きょうされん事務局  
 電話:03-5385-2223 / FAX:03-5385-2299


•上映プログラム

 ▶12月9日(土)

  13:00
  最強のふたり (劇映画/113分/2011年/フランス)

  15:30
  ニーゼと光のアトリエ(劇映画/109分/2015年/ブラジル)

  17:30
  ぼくと魔法の言葉たち(記録映画/91分/2016年/アメリカ)

 12月10日(日)

  13:00
  あん(劇映画/113分/2015年/日本・フランス・ドイツ)

  15:30
  真白の恋(劇映画/97分/2017年/日本)

 12月11日(月)

  13:00
  ブラインド・マッサージ(劇映画/115分/2014年/中国・フランス)

  15:30
  最強のふたり (劇映画/113分/2011年/フランス)

 12月12日(火)

  13:00
  もうろうをいきる(記録映画/91分/2017年/日本)

  15:30
  ぼくと魔法の言葉たち(記録映画/91分/2016年/アメリカ)
                                        
 12月13日(水

  13:00
  真白の恋(記録映画/97分/2017年/日本)

 12月14日(木)

  13:00
  きらめく拍手の音(記録映画/80分/2014年/韓国)

  15:30
  あん(劇映画/113分/2015年/日本・フランス・ドイツ)

 12月15日(金)

  13:00
  ニーゼと光のアトリエ(劇映画/109分/2015年/ブラジル)


■トークセッション(入場無料)

 10日(日)17:30~ 災害被災地で障害者に寄り添う意味とは?
 青田由幸 (サポートセンターぴあ代表理事) × 斎藤なを子 (きょうされん副理事長) 

 東日本大震災直後も福島・南相馬市内に残り、放射能の脅威と情報が錯そうする被災地で、障害のある人を支え続けている、さぽーとセンターぴあ代表理事の青田由幸さんと、きょうされん副理事長斎藤なを子が、わたしたちのもとめる真の「共生社会」について語り合います。

 15日(金)15:30~ 精神保健福祉で人権を問い直す!
 香山リカ (精神科医・立教大学教授) × 藤井克徳 (きょうされん専務理事)

 精神科病院での社会的入院や身体拘束など、精神に障害のある人たちがあたりまえに生きることを阻まれる日本の現状と課題について、また「津久井やまゆり園事件」後の対応や社会の反応からみえる差別や偏見など、精神科医の香山リカさんと、きょうされん専務理事の藤井克徳が問題の本質に迫ります。


※くわしい内容は、映画祭パンフレット 表(上映日程)裏(各映画の紹介)をご覧ください。

☆渋谷アップリンクへのアクセス

> 一覧ページに戻る