活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

9月号表紙

月刊きょうされんTOMO【2018年9月号】緊急特集「西日本豪雨 被害状況報告」

[平成30年7月豪雨]西日本豪雨の各地の状況(7月9日時点)

7月6日から8日かけて西日本を中心に降り続いた豪雨について、
9日にきょうされん関係者から寄せられた各地の状況をご報告します。

—-
【岡山支部より】
・岡山市内は大丈夫。中区、赤磐市、倉敷市、津山市の作業所も電話連絡しどこも大丈夫だった。

【鳥取支部より】
・どこも被害はないそうです。道路寸断の影響が出るかもしれないとの懸念があり。
・鳥取西部は被害なし。東部も被害はなかったが、避難勧告で非難をした。各施設雨漏りもなく問題はなかった。

【広島支部より】
・安佐南区の作業所で床が浸水。
・農業用ビニールハウスが浸水した会員あり。他は特に被害は聞いていない。
・三原市内が断水でお手上げ状態。トイレが使えない。昼食用にと8日にスーパー、コンビニを回ったが、パン、冷凍食品などがどこにもない。
 三原市に住んでいる利用者の家が浸水。高齢の母親と2人住まい。掃除、片付けに行かないといけない。
 福山市内の事業所職員の家が床上、床下浸水。玄関先まで水が来た。
 道路が寸断され孤立状態。仕事に来れない。などいろいろなところに影響が出ている。

【愛媛支部より】
<南予方面>
・宇和島の作業所は大丈夫とのこと。但し、断水中。吉田町から来ている職員と利用者の家が土砂崩れの影響で住めない状態。
・八幡浜作業所はまだ連絡が取れない。
・西予野村の作業所で本体とネギ工場の2箇所が浸水。もう1箇所の工場のみ大丈夫だった。

【長崎支部より】
・木曜夜からの大雨も土曜日には上がったため、その日の午前中からうちの事業所関係者や長崎支部会員事業所の状況を確認。
・会員事業所にはこの大雨による被害はなかったようす。ただ、火曜日の台風でビニールハウス数棟が倒壊し、加えての大雨でさらに被害が拡大したという会員があった。
・県内の道路もところどころ土砂崩れによる通行止めの箇所があるが、9日の開所には影響はないようす。

【佐賀県の状況】
・施設の被害なし。大雨で道路が渋滞し夕方送迎の車が遅れている。
・10日、伊万里で開催されるイベントに出店の予定が中止になった。

> 一覧ページに戻る