活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

12月号表紙

月刊きょうされんTOMO【2018年12月号】特集「ともに生きる ともに創る~夢ある未来へ京都から~ 第41回全国大会in京都」

【第9次海外研修・ドイツ】第2班(4日目)

ベルリン4日目は、快晴。気持ちのいい朝のスタートでした。
本日は、今回の海外研修の目玉の一つ“オットー・ヴァイト盲人作業所記念館”の訪問と、一度は連行された盲人作業所の人たちを連れ戻すためにオットー・ヴァイトが歩いた道を当時に思い馳せてたどりました。
盲人作業所記念館は、大きな通りから少し入った建物で中庭をのぞむ当時の人たちの息吹を想像させる場所でした。この場所で息を潜めるように暮らし働いていた人たちの話を聞きながら、各部屋をまわり、天井や壁を眺め、窓からの景色を見ていると、生きることが許されない時代が同じ人間によって作られていったことと、それと同時にその現実に抵抗した人がいたことに、言葉にできない感情が込み上げました。オットー・ヴァイトがナチスドイツの時代にメッセージを発し、行動した場所に立つことができた今日という日を私の大切な日にしたいと思いました。
午後からは、後半の研修地フランクフルトに飛行機で移動しました。

ハートラインまつもと(長野) 諏訪智子

■写真:オットー・ヴァイト記念資料館の前で。
image1
■写真:オットー・ヴァイトについて話を聞く2班メンバー。
image2
■写真:ゲシュタポ(秘密警察)が来るかどうかを見張っていた窓。
image3

第2班 3日目
第2班 2日目
第2班 1日目

> 一覧ページに戻る