活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

TOMO8月号

月刊きょうされんTOMO【2019年8月号】特集 はたらきたい!つなげたい!雇いたい!~障害のある人のはたらく現場から

がんばるデイ支部報告 12月7日(秋田支部・京都支部・滋賀支部・三重支部・広島支部)

■秋田支部

「秋田市ぽぽろーど」にて、強風吹き荒れる中「第42次国会請願・街頭署名募金運動」を実施しました。
この日は、県内の事業所から、利用者、保護者、職員総勢36名(秋田県社会推進協議会事務局長佐竹良夫様にも参加して頂きました)が参加しました。
署名104筆と募金38,105円が集まりました。
寒い中での活動となりましたが、障害者のテレビ番組を見て自分のできる事をしたいと署名募金をしてくれた学生さんや、わざわざ募金のほかにキャラメルを買ってきてくれた方もおり、秋田の皆さんの善意に心が温まりました。
DSCN2613 DSCN2633 DSCN2601

■京都支部

昨日(12月7日)、口乙ブロックでがんばるDAYを開催しました。
場所:JR長岡京駅 時間:10:30~11:30
*乙訓・亀岡地域から7事業所・18名のメンバー・職員が参加しました。
*寒空の中ですが、署名板を持つとすぐに「お願いします」と声をかけるメンバー、積極的な姿に、『自分たちの署名や!』と、頼もしさを感じました。
*結果:32筆・7,419円の募金でした。

DSC_0799

DSC_0790DSC_0800

■滋賀支部

滋賀県は琵琶湖をグルッと一周する形で、JRが走っています。そこで、滋賀支部では、「抱きしめYO(よ) びわKO(こ)」と名付けて、中央企画と同じ日にJR主要駅前でがんばるデーを開催しました。
この日(12月7日)は19の事業所と支部事務局から126人(大学の実習生も2人参加)が7つのJR駅前で街頭署名に取り組み、署名281筆・募金23,520円の協力をいただくことができました。
「署名お願いします!」と大きな声で呼びかける利用者さん、客待ちをしているタクシーの運転手さんにお願いをする利用者さん、3人で42筆も集めた新人職員さんのグループなど、一人ひとりが自分にできることに精一杯取り組みました。
署名してくださった女性が、「私の孫もダウン症なんです」と話されたので、「あそこで元気よく署名を訴えておられるのは作業所の利用者さんなんですよ」と話すと、「そうですか」と温かな笑みを浮かべられたのが印象的でした。「私の弟も障害があります」と話された女性もおられました。障害者雇用偽装問題は「わからなくもない」と話されたので、「ここで働きたいと思っている人にあった環境づくりや配慮は大切ですね」と話すとうなずかれました。
事業所の利用者さんだけでなく、すべての障害のある人や、私たち支援者も、夢や希望を持って未来を思い描ける社会になるよう、今次の署名募金活動も一歩一歩着実に取り組んでいきたいと思います。
大津駅前の取り組みにはマスコミ2社も取材に来てくださいました

P1100866 P1100868 P1100871 P1100872 P1100864

■三重支部

三重支部では、一斉にがんばるデイ(街頭署名)を行ないました。
<北勢地域>
【場所】 日永カヨー
【参加者】述べ40名
【時間帯】10:30~11:30(午前の部) ワークショップみらい、らふかっと         
13:30~14:30(午後の部)  わかたけ萩の里  
※ みどりの家日永は、敷地内にある作業場で1日とりくみました
☆一日通して署名数105筆、募金額20,525円でした!!☆
みなさん元気に声をかけ署名をお願いしていました。署名をしていただいた方の中には、親戚が重度心身障害を持っていて介護に追われて大変であるという声や、障害はないのですが高齢の方で、一人暮らしで抱えている不安の声など多くの生の声を聞くことができました。

<中南勢地域>
【場所】 津駅西口
【参加者】述べ8名
【時間帯】10:30~11:15 法人喜楽里 工房T&T
☆署名数23筆、募金額3,299円でした!!☆
毎年恒例の津駅西口で行いましたが、人通りが少なく余り署名は集まりませんでした。そんななかでも学生の男子5~6名が最初に立ち寄って署名に協力してくださいました。若いのに感心だなぁと嬉しく思いました。仲間たちも募金箱を持ってがんばって声をかけていました。
231

■広島支部

 12月7日(金)、PARCO前広場にて広島県支部中西南ブロック所属の4事業所30名で、がんばるデイ(街頭宣伝)を行ないました。
 寒波の到来で、寒さも厳しい中ではありましたが、職員・仲間一同、一生懸命に元気いっぱい声を出すことができました。最初は、緊張のせいか、なかなか声も出ず、また、呼びかけに応じてもらえる通行人の方も少なく苦しい状況でした。
 ですが、一人、また一人と署名、募金に参加してもらえる方も増えて、積極的に声かけをしていく仲間も増えました。徐々に仲間の意識・職員の意識も高まり、仲間のひとりからは、「緊張するけど自分の声で想いを伝えたい。」また、「人前で声を出すのは苦手だけど頑張る」など必死になって訴える姿もあり、参加した仲間がそれぞれしっかりと意見を持ち、また意識を高め合うことができた署名活動となりました。
 集計報告として、広島県支部では署名数:99筆、募金額:52,064円でした。
 今後も、「誰かがやるだろう」というのではなく、各々、自分自身が変えていこうという強い意識を持ちながら、仲間・職員一丸となって、次への署名活動につなげていきたいと思います。

第1もみじ作業所 三上 和雄

中西南ブロック

> 一覧ページに戻る