新着情報2010年6月29日

第2回障がい者制度改革推進本部開催と
「障害者制度改革の推進のための基本的な方向について」の閣議決定について

 6月29日(火)、第2回障がい者制度改革推進本部が開催され、障がい者制度改革推進会議の小川議長と藤井議長代理が出席しました。その場で、小川議長から本部長である菅内閣総理大臣に第一次意見が手交されました。

 菅本部長(内閣総理大臣)からは、推進会議のこれまでの尽力への謝意、一人ひとりを包摂する社会が重要とのコメントとともに、第一次意見を最大限尊重し、政府の対処方針を決定する旨の発言がありました。その後、第一次意見を踏まえた政府の対処方針である「障害者制度改革の推進のための基本的な方向について」の閣議に諮る案が決定されました。

 これを受けて、本部の終わりに藤井議長代理にも発言が求められ、藤井議長代理は、「この第一次意見は私たちの宝物だ。このダイヤの原石を更に磨いていく必要がある。」、「国連で障害者権利条約が審議された際、”Nothing about us,without us”というフレーズが何度も語られた。この第一次意見は、日本に権利条約を定着させる挑戦の第一歩でもある。」といった発言とともに、総合福祉部会で整理された「障害者総合福祉法(仮称)の制定以前に早急に対応を要する課題の整理(当面の課題)」にも言及し、内容の実現に向けた検討を要望しました。

 推進本部の終了後に菅首相が藤井議長代理さんのところまで来られて握手を求められ、“Nothing about us,without us(私たち抜きに私たちのことを決めないで)”という藤井議長代理が推進本部の終わりにあいさつで述べたこのフレーズについて、「良い言葉ですね。us usと二回使うんですね?」と話しかけてこられました。

 この後、推進本部に続く閣議で、「障害者制度改革の推進のための基本的な方向について」の閣議決定がなされました。

■(参考)障害者制度改革の推進のための基本的な方向について.pdf
障害者制度改革の推進のための基本的な方向について.pdf
本日の推進本部の動画(首相官邸のホームページ)を見ることができます。
官房長官記者発表でも、障がい者制度改革推進本部について語られました
 (内閣官房のホームページ)動画も見ることができます。

 

 トップページ / きょうされんの紹介 / わたしたちのめざすもの /  活動予定 /  支部一覧 /  賛助会員募集
各種出版物 / 障害者福祉関係リンク /  新着情報バックナンバー /  調査結果 /  サイトマップ /  更新状況 
 

きょうされん
(旧称:共同作業所全国連絡会)
〒164-0011 東京都中野区中央5-41-18-5F
TEL:03(5385)2223  FAX:03(5385)2299