政策・メディア等

政策・メディア等

政策・メディア等

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

6月号表紙

月刊きょうされんTOMO【2019年6月号】特集「強制不妊一時金支給法」は権利条約の精神に合致しているか

6月5日、『5.28仙台地裁判決』を受けての緊急集会

6月5日(水)開催!
『5.28仙台地裁判決』を受けての緊急集会のご案内

 優生保護法の違憲性をめぐって昨年仙台地裁に起こされた裁判の判決が5月28日(火)に予定されています。優生保護法による不妊手術の被害者は、全国で2万5000人以上いるといわれています。各地で裁判が提起され、4月24日には被害者に一時金を支払う法律も成立しました。

 仙台地裁判決を受け、国に早期解決を求めるため、下記のとおり緊急集会を行いたいと思います。

 ぜひ多くの方にお集まりいただければと思います。⇒チラシ

 *************************
 <第一部>
13時30分~ 路上集会 (衆議院第二議員会館側路上集合)  衆議院第二議員会館側路上を起点として、路上集会を行います。参加者が多くなれば、衆議院第一議員会館側路上と参院議員会館側路上に広がります。

<第二部>
15時00分~16時30分 院内集会 (衆議院第二議員会館 多目的会議室)
(14時30分開場) 
【プログラム概要】
1 補償法の概要と課題
2 仙台地裁判決の概要
3 当事者から
4 早期解決に向けた今後の動きについて

 主催:優生手術被害者・家族の会,全国優生保護法被害弁護団,優生手術に対する謝罪を求める会 

> 一覧ページに戻る