政策・メディア等

政策・メディア等

政策・メディア等

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

TOMO5月号表紙画像

月刊きょうされんTOMO【2019年5月号】特集「星に語りて~Starry Sky~」

【JD連続講座2016】のご案内

【JD連続講座2016】logo

社会保障改革の行方と障害者施策―介護保険見直しの影響と課題― 

 社会保障の基本は「自助」とする「社会保障制度改革推進法」(2012年)、その具体化としての「改革プログラム法」(2013年)に基づく、生活保護法・生活困窮者自立支援法(先行見直し)、医療・介護総合法、医療法、社会福祉法、そして障害者総合支援法の一連の法律の改定は、単に社会保障関係予算の削減・抑制というだけでなく、憲法で保障された社会保障の理念そのものを大きく見直す動きとなっています。
 これら一連の「改革」は、一度の法改定にとどまらず、連続的な改定が準備され、また「我が事・丸ごと」地域共生社会実現へと束ねられ、公的サービスから除外された高齢者・障害者等の支援を「民間」に委ねる検討もすすめられています。当面する介護保険法改定では、「介護保険制度の見直しに関する意見(素案)」に基づく「改正案」づくりが急ピッチですすめられていますが、保険対象外・負担増等のあらたな問題が懸念されています。
 本連続講座は、社会保障「改革」が今後どのようにすすめられ、障害者施策に影響を及ぼすのか、とりわけ「改革」の突破口としての介護保険見直しが障害者施策にどう連動するのか、問題を整理し課題を共有する機会とします。

 ぜひご参加ください。

◆講座1

日時:2017年1月25日(水) 18時半~20時半

〇芝田 英昭(しばた ひであき)立教大学コミュニティ福祉学部教授 
 社会保障改革の最新動向と保険原理の限界を問う!
 ―権利としての社会保障確立のための運動論の展開―

◆特別報告者:渡辺武志さん「いま、障害者は…当事者に学ぶ」

会場:全水道会館4階大会議室

◆講座2

日時:2017年2月20日(月) 18時半~20時半

〇服部 万里子(はっとり まりこ)日本ケアマネジメント学会副理事長 
 介護保険16年―あらためて制度導入の目的と改革の経過を斬る!
 —危惧される地域包括ケアシステムの方向性と「地域」のあり方を考える—

◆特別報告者:羽賀典子さん「いま、障害者は…当事者に学ぶ」

会場:上智大学四谷キャンパス12号館1階102教室

◆講座3

日時:2017年3月15日(水) 18時半~20時半

◆◆徹底検証!パネルディスカッション◆◆

 社会保障改革の動向と障害者施策への影響
 〇趣旨説明/コーディネーター:
  藤井 克徳(ふじい かつのり)日本障害者協議会代表 
 〇花俣 ふみ代(はなまた ふみよ)認知症の人と家族の会常任理事 
  認知症者の介護支援からみえてくるもの
 〇山崎 光弘(やまざき みつひろ)
  障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会
  介護保険優先問題に関する自治体調査からみえてくるもの
 〇藤岡 毅(ふじおか つよし)弁護士
  障害者の介護保険訴訟からみえてくるもの

会場:全水道会館4階大会議室

JD連続講座ページ

> 一覧ページに戻る