活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

TOMO8月号

月刊きょうされんTOMO【2019年8月号】特集 はたらきたい!つなげたい!雇いたい!~障害のある人のはたらく現場から

2016年度第2回「安居楽業ゼミナールはたらく・ささえる」のご報告

新装した東京都生協連会館を会場にした初めての研修「安居楽業ゼミナールはたらく・ささえる」が、2月17日(金)18日(土)に開催されました。
今回はテーマを”生きづらさに向き合う”と題し、二日間の企画を通じて、制度のはざまなどで生きづらさを抱えた人の現状と支援について、110人の参加者と講師で深めました。

充実の講師陣や企画は以下の通りです。

 ●基調報告「相模原市障害者施設殺傷事件が投げかけたもの」藤井 克徳(きょうされん専務理事)
 ●情勢報告「2017 年をどう展望するか」赤松 英知(きょうされん常務理事)
 ●講義1「ゼンコロの実践と現在の障害のある人の働き方を取り巻く環境」
                          中村 敏彦 さん(一般社団法人ゼンコロ会長)

 ●講義2「生きにくさを抱えた人たちへの支援~司法と福祉の連携~」赤平 守 さん(新宿区保護司)
 ●スペシャル講座「生きる権利を『生活保護』から考える」さいき まこ さん(漫画家)
 ●実践報告
  「働くことを通して、自分らしい生き方を!」青山 貴 さん(東京都・社会福祉法人はる)
  「本音をぶつけ合う」小堀 真吾 さん・堀合 悠一郎 さん(神奈川県・シャロームの家)
  「重度の障害のある人たちのはたらくと地域の拠点づくりを考える」
                         大畠 宗宏 さん(埼玉県・川越いもの子作業所)

来年度も「くらす・ささえる」と「はたらく・ささえる」を東西に分かれて開催する予定です。ぜひ、ご参加ください。
IMG_3154 IMG_3134 IMG_3126 IMG_3106

> 一覧ページに戻る