活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

TOMO5月号表紙画像

月刊きょうされんTOMO【2019年5月号】特集「星に語りて~Starry Sky~」

第22回経営管理者総合研修会 2019年1月25日・26日 開催

第22回経営管理者総合研修会
まもろう憲法 ひろげよう障害者権利条約
~待ったなし!経営管理と承継への対応は、どうあるべきか!?~

開催要項(PDFファイル)ダウンロード
 ワード版はこちら
参加申込用紙(エクセルファイル)ダウンロード

 22回目の経営管理者総合研修会は、憲法施行70年の節目に出された憲法改憲議論、成果主義が色濃く反映した報酬改定後の開催となります。
 2018年9月20日に、自民党総裁として3期目に入った安倍首相は「憲法9条に自衛隊の存在を位置づける」「次の国会で憲法改正案を提出する」と明言しました。私たち、きょうされんの活動の土台である日本国憲法が最大の危機に直面しています。
 憲法25条は、社会保障制度改革推進法によって解釈改憲が行なわれ、「自助・共助・公助」「社会保障は社会保険が原則」「財源は消費税」が社会の中でも浸透してきています。骨太の方針2018では、さらに「自助と共助の役割分担の再構築」「自助、共助、公助の範囲についても見直し」と踏み込み、「共助社会・共生社会づくり」を「寄附文化の醸成」「休眠預金等に係る資金の活用」で行なおうとしています。
 「相模原市での障害者殺傷事件」「旧優生保護法に基づく強制不妊手術」「寝屋川市・三田市での障害者監禁事件」「障害者雇用の偽装」など、優生思想、差別、偏見がわたしたちの社会、地域には根深く残り、障害のある人が「この国に生まれたる不幸」の象徴となっています。
 こうした情勢を踏まえ、研修を通して、憲法・障害者権利条約・情勢動向を学び、また多くの参加者の知恵と経験を結集して実践、経営、運動を語り合い、障害のある人びと・家族・職員を守り続ける未来を展望する二日間にしましょう。

日程・会場 2019年1月25日(金)・26日(土)・ 名古屋商工会議所(愛知県) 
対象 きょうされん加盟事業所・法人の理事・施設長・管理者・職員・利用者・家族、賛助会員
    ※きょうされん賛助会員は、いつでもお申込みを受け付けております。
定員 300人 
締切 2019年1月11日(金)
主催/企画 きょうされん/経営管理部会
申込方法 参加申込書に必要事項をご記入のうえきょうされん事務局へお送りください。
プログラム 2019年1月25日(金)【1日目】
 10:30~10:40 開会あいさつ 西村 直 きょうされん理事長
 10:40~12:10 記念講演 「いのちの尊さと日本国憲法 講師 柳田邦男 (ノンフィクション作家/評論家)
        トークセッション柳田邦男氏 × 藤井克徳きょうされん専務理事)
 13:10~13:30 特別報告「NPO課税問題の本質とは何か! 富田偉津男氏 (新大和税理士法人・税理士)
 13:30~14:50 基調報告「わたしたちをとりまく情勢。そして、きょうされんのめざすもの赤松英知(きょうされん常務理事)
 15:00~17:00 シンポジウム1「夜明け前~わたしで最後にして~
きょうされんの第9次海外研修でドイツに行き、ナチスの障害者大虐殺・T4作戦の舞台となった施設の見学を行ない、学んできました。2016年のやまゆり園事件で突きつけられた「障害者は不幸を生むことしかできない」という言葉。日本国憲法下で起きた、旧優生保護法の「不良な子孫の発生防止」のために行なわれた強制不妊手術。内なる優生思想に向き合う意味や背景、優生思想・差別・偏見に負けないために、何が必要かを考えます。

 コーディネータ 藤井克徳 きょうされん専務理事
         松原建二 きょうされん経営管理部会員
 シンポジスト  田中伸明氏  名城法律事務所豊田事務所・弁護士
         斎藤なを子 きょうされん副理事長/国際委員長
         林 優子 北海道・あかしあ労働福祉センター第2作業所利用者/きょうされん利用者部会長
 17:10~17:25 仲間スピーチ 第42回全国大会inあいちの仲間実行委員会
 18:00~20:00 夕食交流会

●プログラム 2019年1月26日(土)【2日目】
 9:30~11:30 シンポジウム2「星に語りて~忘れまい あの日、今、これから~
 被災地の課題・困難さは、過去形ではなく、現在進行形です。今、被災地では、障害のある人・家族・職員等が、どんな想いで生きているのでしょうか。わたしたちが、気づけていない被災地の想い、実態について共有します。そして「災害と障害のある人」「人災と障害のある人」のキーワードを通して、これまでの災害の教訓と、これから必ず起こる各地での大災害への構えと備えを整えていきましょう。

 コーディネータ 北村典幸  きょうされん常任理事
         塩田千恵子 きょうされん常任理事
 シンポジスト  和田庄司氏 福島県・(社福)にんじん舎の会理事
         栗田 誠氏 岩手県・(社福)ひまわり会・ひまわり園副施設長/サービス管理責任者
         篠原憲一氏 熊本県・(社福)やまびこ福祉会・ゴー・スロー施設長
         松本多仁子氏 兵庫県・(社福)かがやき神戸副理事長
 12:15~13:30 グループ討議
 13:30~15:50ファイナルシンポジウム「待ったなし!経営管理と承継への対応はどうあるべきか!? ~理念・とも育ち・計画~
 この情勢の下で、福祉分野の深刻な人材不足が、実践に悪影響を及ぼし続けています。第一世代の職員から、次世代へのバトンタッチの困難さのなかで、大事にしてきたことが引き継がれていくのか不安な声があがっています。同時に、財政運営の厳しさ等が進行しています。障害のある人の願いを真ん中に、民主的な経営・管理に責任を持つわたしたちが、障害のある人を主人公にした実践・経営・運動をいかに展開するのか。ファイナルシンポジウムでともに考え、学び合いましょう。

 コーディネータ 沼田道孝氏 株式会社第一経営相談所相談役/税理士法人第一経営代表社員
         西川 茂 きょうされん経営管理部会員/きょうされん名誉理事
 シンポジスト  鈴木清覺 愛知県・(社福)ゆたか福祉会理事長/きょうされん顧問
         皿海みつる氏 大阪府・(社福)コスモス常務理事
         髙橋三恵氏 福岡県・(社福)福岡ひかり福祉会・風ひかり作業所施設長
 15:50~16:00 閉会あいさつ

> 一覧ページに戻る