活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

2020-Tomo02-478号表紙1-2020-1-17_page-0001

月刊きょうされんTOMO【2020年2月号】特集 医療的ケアを要する仲間たち

〔書籍好評発売中〕KS28 『今なぜNPO法人に課税か ―ねらわれる社会福祉事業』

KSブックレット28
『今なぜNPO法人に課税か―ねらわれる社会福祉事業』
NPO表紙           好評発売中!


 今、社会福祉事業を行なうNPOに法人税が課税されるという事例が明らかになっています。
 本書では、NPO法人への課税に連なる社会福祉法人「改革」の問題点の指摘と具体的な事例の紹介、さらに憲法の視点をふまえた解説をしています。これは社会福祉全体の問題です。
 第43次の国会請願署名運動も本格的にスタートしています。
 ぜひ本書を通じて、社会福祉全体に起きている問題を再確認し、署名運動の機運を高めていけたらと思います。

富田偉津男(税理士)・特定非営利活動法人希望のいりぐち―著
きょうされん経営管理部会―編著

発売 萌文社
価格 733円(667円+税)

ご注文はきょうされん事務局またはTOMO市場にて

【もくじ】
まえがき
1.社会福祉法人「改革」の経過と問題点
2.特定非営利活動法人 希望のいりぐちの課税問題
3.NPO法人等収益課税問題と憲法
あとがき

【読者からの声】
・税金の取り戻し方がよくわかりました。(保険業)
・注書が充実している。資料的にも参考になります。(社福評議員)
・やさしい文章でわかりやすい。(NPO役員)
・税法は基本的には福祉について課税しないということがわかった。(税理士事務所職員)
・ブックレットにある福山税務署の実例で5年間の課税が非課税になり数百万円の税金が助かった。(税理士)
3部構成で、社会福祉法人の改革、さんさん作業所のとりくみ、収益事業の課税問題の解明と、
 順序を追って書かれているためとても理解しやすくなっています。(税理士)

> 一覧ページに戻る