活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

2020TOMO1月号最終PDF_page-0001

月刊きょうされんTOMO【2020年1月号】特集 未来につないだ「基本合意」

月刊きょうされんTOMO【12月号】

特集TOMO12月号表紙

きょうされん第39回全国大会inくまもと
~障害者権利条約をこの国の文化に~

(リードより)

 らい予防法廃止から20年、 水俣病公式確認から60年、 そして4月に熊本地震が発生したこの年に、 熊本市できょうされんは第39回全国大会を開催しました。
 10月22日(土)・23日(日)、 「障害者権利条約をこの国の文化に~ハンセン病・水俣病の学びを明日に生かし平和をつくる~」 をテーマに、 熊本県立劇場・熊本学園大学を会場で行なわれた今大会は、 2200人の参加者を迎え、 460人のボランティアに運営をサポートいただきました。 現地・熊本支部のメンバーは、 震災の復旧・復興作業にとりくみながら、 大会の準備を進める大変な状況でしたが、 九州ブロックの各支部や全国の関係者の協力を得て、 見事に大会成功につなげることができました。
 開会全体会では、 基調報告に続き、 ステージ企画 「熊本から伝えるプログラム」、 樋口了一さんポストマンライブが行なわれ、 参加者と一体になりながら、 考え、 学び、 楽しむ充実した企画となりました。 その後は14の分科会が行なわれ、 その中には、 ハンセン病と水俣病の学びを深める特別分科会や、 利用者が中心に行なう利用者交流会が5つあり、 活発な議論がなされました。 また、 くまモンが登場した利用者フォーラムでは、 利用者が思い思いに楽しんでいる姿が印象的でした。 1日目夜の大交流会では、 ユーモアたっぷりの企画で会場が笑いの渦につつまれました。 2日目には、 熊本城など3つのコースに分かれた仲間観光や閉会全体会などを通して、 多くの参加者がつながることができました。
 本特集では、 その一部のエッセンスを抽出してお届けします。

【CONTENTS】

2 言の葉とともに 寄稿:安田菜津紀さん
13 若者たちとのエンドレスタイム
14 母はいつでも元気印
15 時論・会説
16 地域のすみずみ・報告編
17 地域のすみずみ・予告編
18 トモトピ
19 すき すき すき
20 Newspaper きょうされんからのお知らせ
21 TOMO INFORMATION
22 ひろば/4コマ漫画劇場
24 所感雑感
27 PICKUP”SHOP”
28 『師走』12月

【別冊】第39回全国大会 基調報告

ご意見・ご感想はコチラまで⇒zenkoku@kyosaren.or.jp
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「月刊きょうされんTOMO」は、きょうされんのサポーター(賛助会員)になっていただいた方にお送りしています。
賛助会員の申し込み

> 一覧ページに戻る