活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

表紙画像

月刊きょうされんTOMO【2019年11月号】特集 アート これがわたしの表現 わたしの作品

月刊きょうされんTOMO【2019年9月号】特集 障害者権利条約批准から5年~ゆたかなくらしのあり方とは?

TOMO9月号表紙

特集
検証! シリーズ・障害者権利条約批准から5年【最終回】

ゆたかなくらしのあり方とは?

 今年の6月、大阪市平野区で重度の知的障害のある息子(22)を自宅で監禁したとして、その父親(45)が逮捕されました。報道によれば、釈放された父親は取材に対し、「もう限界だった」と打ち明け、これまで区役所に「息子を施設に入れたい」と相談しても施設の一覧を渡されただけだったそうです。
 また、7月には札幌市で介護サービスを利用して自立生活をしていた重度障害のある男性(35)が、24歳の男性介護職員の暴行により死亡する事件が発生。逮捕された職員は「寝付かないから腹が立った」と、信じられないような犯行の動機を供述しています。職員によるこうした事件も、後を絶ちません。
 これらの事件はここ数年相次いで起きており、まさに氷山の一角です。その背景には障害のある人の生活介護は家族依存を強いられ、家族の負担が深刻さを増している実態、そしてサービスや事業所の数は増えたものの、身近に本当に頼りになり、当事者に寄り添える人的・社会資源が乏しい実態があるからではないでしょうか。その結果、多くの障害のある人と家族が地域で孤立しているのだとすれば、いくら条約を批准したとしても、〝ゆたかなくらし〟にはほど遠いと言えます。
 シリーズ・最終回は、障害者権利条約第19条をめぐる意見やとりくみなどをさまざまな角度から紹介します。

【CONTENTS】
2 言の葉とともに 藤﨑拓美さん
11 時論・会説
12 トモトピ 2019年9月号
13 ワカバク ―若者たちのバックグラウンド―
14 母はいつでも元気印
15 こい はな
16 地域のすみずみ・報告編
17 地域のすみずみ・予告編
18 シネマの風
19 WAsia(ワーカビリティ・アジア)会議 2019 inマカオ
20 Newspaper きょうされんからのおしらせ
21 TOMO INFORMATION
22 ひろば/時速1000キロ剛速球
24 所感雑感
27 PICK UP “SHOP”

TOMOへの投稿・ご感想はコチラまで⇒zenkoku@kyosaren.or.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「月刊きょうされんTOMO」は、きょうされんのサポーター(賛助会員)になっていただいた方にお送りしています。

賛助会員の申し込み

> 一覧ページに戻る