活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

無題

月刊きょうされんTOMO【2019年12月号】特集 きょうされん第42回全国大会inあいち

【12/7】イエローリボン・カフェ ~誰もが自分らしくいられる「居場所」を作る~ 【被災地復興支援・TOMO市ポップアップショップ企画】

2018イエローリボンフェス写真

●障害のある人が働く場所(共同作業所)の全国連絡会「きょうされん」の「インターネットショップTOMO市」「なかまのうたブランド」の商品を活用した「イエローリボン・カフェ」を1日限定で開催します。

カフェでは、先日の台風で被害を受けた地域の共同作業所の商品など来場者に提供することで復興支援の一助とするとともに、障害のある当事者、支援者などによるトークセッションも行います。

さらに、障害のある人が制作した絵画などのアート作品などを紹介する「インクルージョン・スペース」を用意するとともに、「誰もが自分らしさを発信できる」をコンセプトとした「ダイバーシティ・スペース」も用意いたします。

障害のある人の世界に触れる機会を作りつつ、誰もが自分らしくいられる「居場所」としても活用できるカフェを作ることで、ダイバーシティ&インクルーシブな社会の実現を目指します

01

 

【イエローリボンカフェ 詳細】

■入退場自由、全商品無料!

■日時:12月7日(土)15:00-20:00

2018イエローリボンフェスのようす写真■タイムスケジュール&コンテンツ
・15時から18時 第1部開催
~障害者福祉施設商品のポップアップカフェ
 (台風被災地支援)
障害者アートや障害者の現状についての展示
障害者団体きょうされんからのトーク(予定)
 「日本における働く障害者の現状」
 「台風19号の被害状況と支援のお願い」等

・18時から18時30分 準備時間

・18時30分から20時 第2部開催

 【メイン講演】
 ゲスト:沼田尚志氏(NTTドコモ・スーパーイノベーター)
 テーマ:『スーパーイノベーターが考える自分らしさとは?』(予定)

 ※沼田氏掲載メディア【another life.】紹介 
 「息を吐くようにイノベーションを。半身不随の僕に起きた3つのパラダイムシフト。」
  https://an-life.jp/article/375
 

会場レオンズコーヒーの外観写真■カフェ会場
LEON’S COFFEE(東京都千代田区神田須田町1−14−1ヒューリック1階)
https://chiyodayori.com/leons-coffee/

・東京メトロ神田駅6番出口から徒歩2分
・淡路町・小川町駅から徒歩4分


■来場・提供商品はすべて無料です

イエローリボンリストバンド写真先着50名様には、障害者権利条約の基本精神でもある「Nothing about Us , Without Us(私たち抜きに、私たちのことを決めないで)」の文字が刻まれたイエローリストバンドを差し上げます。

※すべての商品を無料で提供しておりますが、ポップアップショップのため各商品はなくなり次第、提供を終了いたします。

※ドネーションボックスを設置して災害支援金への寄付を募ります。
「きょうされんの災害支援基金へのご協力をお願いします チラシ

■主催:きょうされん

■協賛:アデコ株式会社 ( https://www.adecco.co.jp/

■参加申し込み : https://peatix.com/event/1380854
 ※事前にお申し込みがなくても自由にご来場いただけます。
 ※Facebookページ : https://www.facebook.com/events/3255048301204280/

2018イエローリボンフェス会場外観写真(昨年のイエローリボンフェスの会場のようす)

【今回取り扱う障害福祉施設の被災状況例】

岩手県宮古市:宮古ワークステーション(コーヒー):台風19号で事業所の入り口が浸水。https://www.tomoichiba.jp/s_hisaichi_1827.html

福島県いわき市:けやき共同作業所(ドーナツ):台風19号で障害のある利用者、職員自宅が床上浸水。職員の車が浸水し故障。10月中旬時点で断水中。
https://www.tomoichiba.jp/s_hisaichi_1842.html

埼玉県川越市:第2川越いもの子作業所(おせんべい):台風19号で市内各地が浸水、河川決壊。障害のある利用者、職員自宅に一部被害。
https://www.tomoichiba.jp/s_saitama2_621.html

【提供予定商品】

岩手 宮古ワークステーション 岩手珈琲物語
三重 NPO法人ふぁ~ちぇ ぽらりす ぽらりす自家焙煎コーヒー
和歌山 はぐるま共同作業所 和の杜 「石臼手挽き緑茶」「石臼手挽きほうじ茶」
青森 就労継続支援事業所ないすらいふ こだわりのアップルパイ 18cm
大阪 就労センターみち グーチョキパン屋さん さつま芋ブレッド
熊本 ふれあいワーク 金太郎印天草晩柑ケーキセット
宮城 杜のどーなつ もりのわどーなつ
山形 なでらの森 楓 ドライフルーツ
宮城 きらら女川 おからかりんとう
埼玉 第2川越いもの子作業所 いもの子せんべい
千葉 地域作業所hana 石けりコロロ(ポルボローネ) 
岐阜 いぶき福祉会 ねこの約束 招き猫マドレーヌ
長崎 野の花風館 島原おやつこんぶ
滋賀 ひかり園 GIFT SET
鹿児島 大隅シオン舎 そばボーロ

 

日本の障害者の現状紹介パネル展示のようす○絵画展示・パネル展示

・カフェの一部スペースを「インクルージョン・スペース」として、障害のある人の発想力豊かなパワーある絵画などアート作品や障害のある人の働く現状・統計資料を分かりやすく紹介したパネルを展示。
・「はたらく仲間のうたカレンダー」「きょうされんふきん」などなかまのうたブランドの障害者アートを生かした商品、障害のある人の製造した商品もサンプル展示。

○ダイバーシティスペースによる発信

・誰もが「自分らしさ」を表現できる「ダイバーシティ・スペース」をカフェに設けて、来場者が一番「自分らしさ」を表現していると思うものを発信(自分の好きなもの(写真、絵、モノ、本など)を持ち込んで紹介してもらってもOK)。

イエローリボンマグネットの画像【イエローリボン とは?】

 日本における「イエローリボン」とは、人々の意識を変え、まちを変え、障害のある人もない人も共に暮らし、すべての人が参加できる社会をみんなでつくっていくためにできた「障害者権利条約」を象徴するシンボルマーク。
 障害者権利条約は、2006年に国連で採択された条約で、日本も2014年に批准。障害のある人も「尊厳ある人として」、生活のあらゆる面で権利が保障され、どんなに重い障害があっても、住みなれたまちで、心豊かにその人らしく暮らし、学び、働くことができる、そんなソーシャル・インクルーシブ(社会包括的)な社会をめざしている条約で、SDGs8.5「2030年までに、若者や障害者を含むすべての男性および女性の、完全かつ生産的な雇用およびディーセント・ワーク、ならびに同一労働同一賃金を達成する」ともリンクしています。

●日本障害者協議会 「イエローリボン」紹介ページ
http://www.jdnet.gr.jp/guide/yellow.html

【主催団体『きょうされん』について】

きょうされんは、障害のある人が働く場所(共同作業所)の連絡会です。「みんながあたりまえに働き、暮らしを選べる社会」の実現の一歩として、障害のある人の労働状況や、そもそも障害のある人がどういった人たちなのか知ってもらう普及啓発活動などを行なっています。 

【紹介】昨年の「イエローリボンフェス」参加者によるレポート
【開催報告】イエローリボンフェス~あたりまえに働き、選べる未来を
FACTFULNESS ーインフォグラフィックで伝える障がい者福祉の現状

SDGsバナー

> 一覧ページに戻る