活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

無題

月刊きょうされんTOMO【2019年12月号】特集 きょうされん第42回全国大会inあいち

台風19号における各地の被災情報(10月17日)

台風19号における被災状況について、これまでの情報に加え、10月17日に把握できた内容をご報告します。


福島県
三春町
・A事業所:事業所は大丈夫。送迎時に通行止め多数。利用者1名床上浸水、弟さんのところで生活している。
二本松市
・B事業所:17日朝の時点で、二本松市小浜地内の事業所へ行く道も、土砂、流木が撤去され、すべての主要道路が通行可能となった。(一部崩れているところは片側通行もありますが)細い道はまだ通行止めもあり。断水は続いている。

栃木県
栃木市 A法人
 ・床下浸水 故障等はありませんでした。
 ・その他、利用者・職員の自宅が床下浸水5名、床上浸水4名でした。電気、飲料水、食料等が不足している方に施設の非常食等の救援物資で対応しています。泥の掻き出しや災害ゴミの撤去などは各ご家庭で対応されているので今のところ施設から応援には出ていません。
 ・1名の利用者の方で、自宅の破損がひどく家族と相談し緊急避難でGHの空き部屋などを利用するようすすめていますが、ご本人の承諾せず自宅にこもっているかたもいます。とりあえず床上・床下浸水などの被害にあわれた方で怪我などはしていないようなので一安心です。
 ・朝夕の冷え込みも強くなってきていますがほとんどエアコン(室外機)が故障しているようなので暖をとれるようなものも必要になるかもしれません。

埼玉県
さいたま市
 ・Aホーム:車いすの仲間はバリアフリーのホーム2階へ避難した。歩行可能な仲間で1階の居室を利用している人は2階の空いている部屋で就寝した。建物自体には被害はなく、窓が割れることもなかった。
 ・Bホーム:警戒レベルになったため、自力避難困難者については近くのホームの2階へ移動。その他の入居者については警戒レベル5の時点で2階へ避難し就寝。建物損害:1階リビングの雨漏りリビング上のテラス目地から雨が吹き込んだのかもしれない。
 ・Cホーム:警戒レベル3→5に上がったため、1階入居者に大至急予定していた2階居室へ避難するよう指示をした。建物損害なし。
 ・Dホーム:特に大きな被害はない。週末は閉所のため仲間は不在
 ・Eホーム:隣を流れる鴻沼川の氾濫に備え、入居者をFホームに避難してもらった。ホームのキャパもあり、帰れる入居者には家族に協力をお願いし帰宅した。氾濫はなかったが、ホーム前が低地のため汚水があふれ溜まった状態になった。建物の被害はなし。
 ・Fホーム:被害は特になし。Eホームの入居者3名、A・Bホームの1階で暮らす重度入居者3名の受入れをした。建物の被害はなし。
 ・Gホーム:1名の入居者が利用だったが、終日、職員がつくことが難しく、家族に協力をお願いし帰宅した。建物の被害なし。
 ・S作業所:避難所に行きたいが足が悪く床に寝られないという不安を抱えた仲間の母76歳の話を聞き、友人宅への移動を支援した。避難指示がでている家庭へ入電・メール等で状況確認。ほとんどが自宅で過ごした。勧告の時間は外に出るだけで大変な風雨。避難所に車が停められないかも?と移動ができない人が多くいた。
春日部市
 ・H事業所:施設敷地内にある飛んでいきそうなものを片付けた。10/11、車両にガソリンを入れておくようにしたが10/11昼はスタンド渋滞や品切れもあった。元々10/12~10/14は閉所だった。グループホーム利用者は4名を除き、10/11(金)夕方自宅に帰った。特に問題なく通常の運営をしている。
 ・I事業所:特に被災はなし
 ・J事業所:今回も何事もなく、休日でしたので利用者も各家庭で無事に過ごしました。
富士見市
 ・K事業所:裏にびん沼川、近くに荒川(治水橋)10/11(金)自宅のある利用者は、全員、作業所終了後、帰省協力をいただく。10/12(土)午前7:30公民館へ自主避難すること決定→法人本部へ連絡 10:00夜勤者(車の水没が心配されたため管理者が自宅まで迎えに行き出勤)の出勤を早め避難準備等を一緒に行う 12:00夜勤明け職員、夜勤者、管理者と準備終了、スケジュール、動きの確認。残っている利用者2名含めて、避難の際のミーティングを行なう。12:30管理者の車で避難所(4㎞)へ向かう。夜勤明け職員退勤。ローソンに寄る。 13:20避難所着。管理者は様子をみて自宅へ戻る 10/13(日)7:30ひと晩過ごし、車両で管理者が迎えに行きホームへ戻る。8:20.びん沼川、荒川、水位ギリギリだが氾濫せず。帰宅途中、所々で道路が冠水し通行止めあり。ホーム内への浸水なく、無事を確認。
秩父市
 ・L事業所:当施設被害なし。他の施設でも問題はなかったようです。H事業所では断水のため、本日10/15からの実習生受入れを中止したようです。断水の原因は浄水場付近のがけ崩れで、給水車対応となっている。就労としては開所している。地域的に盆地のため、一番下に荒川があり、水は流れ落ちる形になる。
三郷市
 ・M事業所:裏がすぐ中川だが、氾濫もなく風雨の影響もなかった
寄居町
 ・N事業所:被害はなく、ほっとしている。
ふじみ野市
 ・O事業所:特になし
東松山市
 ・P事業所:被害はなく、平常通り運営できている
日高市
 ・Q事業所:古い建物のグループホーム2カ所が雨漏りした。仲間に直接の被害は特になかった。避難はしなかったが、風雨が激しく、職員が勤務に入れず、居残りのまま夜勤につく方や長時間勤務の方がでてしまった。
越生町
 ・R事業所・ホームともに被害なし。利用者家族に避難した方がいた。本人、家族も良い経験をしたとの報告があった(1次避難のみ)。ホームも避難を考えたが利用者さんが落ち着いていられるか心配であった事と水害等の起こる場所でない事もあり、今回はホームにて早めの食事、入浴等をすませ過ごした。


・厚生労働省は、10月13日、各都道府県・指定都市・中核市民生主管部局および岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、及び長野県の障害保健福祉主管部(局)宛に、下記の文書を発出しています。
 ・災害により被災した要援護障害者等への対応について
 ・避難所等で生活する障害児者への配慮事項等について
 ・令和元年台風第19号による災害に伴い一時的に避難をしている利用者に対する継続した障害福祉サービス等の提供について
 ・令和元年台風第19 号による災害に伴う障害者(児)への相談支援の実施等について

・みなさまの周りでも情報がございましたら、きょうされん事務局までご連絡ください。
・きょうされんでは、「災害支援基金」へのご協力をお願いしています。
●郵便振替●
<口座名義> きょうされん自然災害支援基金
<口座番号> 00100-7-86225
【連絡先】きょうされん事務局 TEL 03-5385-2223 FAX 03-5385-2299
      〒164-0011 東京都中野区中央5-41-18東京都生協連会館4階

・これまでの状況報告は以下からご覧ください。
 ・台風19号における各地の被災情報(10月16日)
 ・台風19号における各地の被災情報(10月15日) 
 ・台風19号における10月14日までの被災情報 

> 一覧ページに戻る