活動内容

活動内容

活動内容

SSKS月刊きょうされん
TOMO

毎月発行!

2020-Tomo02-478号表紙1-2020-1-17_page-0001

月刊きょうされんTOMO【2020年2月号】特集 医療的ケアを要する仲間たち

きょうされん会員ホームにおける基本調査2019ご協力のお願い【2月末回答締切】

障害者権利条約が国内で批准され、はや6年が経過しようとしています。
条約第19では
「すべての障害者が他の者と平等の機会をもって地域社会で生活する平等の権利を有すること」
とうたわれていますが、まだまだ実現されるには程遠い状況です。

きょうされん居住支援部会では毎年夏ごろに、
厚生労働省障害福祉課と要望・懇談の場を設けており
その場で要望の根拠を示すための調査を行なっております。

ここ数年は、居宅支援における家事援助について、
事業者支援者利用者の立場から調査を行ない、
家事代行サービスで代替できようもない現場の姿を行政に伝えてきました。
またグループホームにおいても、障害の重い人が安心して暮らせる場と位置付けられる
制度充実のための要望も続けてきました。

今年は、2021年度障害福祉サービス報酬改定の検討が本格的に開始されます。
そこで、暮らしの場のより実態に添った制度設計の提案を、
2020ごろに予定している厚生労働省への要望に活かすべく、
きょうされん会員内のグループホーム実態把握のための調査を行なうこととしました。
この間の要望懇談の内容を考慮し、より実態を浮き彫りにするための項目内容にしております。

つきましては、ご多忙のところ誠に恐縮ではございますが、
本調査の趣旨をご理解いただき、ご回答くださいますようよろしくお願いいたします。

 

○調査期日

2019年121日現在

○提出期限

2020年229日(土)

○回答対象事業者

きょうされんに加盟している共同生活援助などグループホーム事業所

○提出先

きょうされん居住支援部会
E-Mailzenkoku@kyosaren.or.jp
FAX:03-5385-2299

○提出方法

調査票(基本調査、運営課題①、②にご記入の上、
メールまたはFAXにてご返送ください。
また、インターネット上で回答いただけるフォーム(下記参照)
用意しております。ぜひご活用ください。

○調査単位

基本的に回答は、共同住居(ホーム)ごとでお願いします。
ただし、【運営課題項目】は登録されている事業所としてご回答ください。

○ご回答内容および結果の取り扱い

きょうされんHPにて公表し、
 
厚生労働省への要望、懇談の際に活用いたします(2020年中ごろ予定)。
なお、本調査にてご記入いただいた情報は、本調査の目的以外は使用せず、
厳重に管理いたします。

調査票はこちら

 ※(1/29更新)調査票の一部に表記ミスがありました。
  下記のとおりお詫びして訂正いたします。
  なお、本ページよりダウンロードいただける調査票および
  回答いただけるフォームについては正しい表記を反映しております。

  
  1.事業形態について の ⑪消防設備 において
  選択肢「6項ロ」と「6項ハ」の補足説明が逆になっていた。
  正しくは、6項ロ(区分4以上が8割以上) 6項ハ(同8割未満)

※前回行なった、きょうされん会員ホームにおける基本調査2015の結果はこちら

 

 

 

> 一覧ページに戻る